後遺症が残りそうな方・残った方へ | 岐阜駅徒歩7分 法律相談,離婚,交通事故,建物明渡請求なら弁護士武田法律事務所

後遺症が残りそうな方・残った方へ

多額となる後遺症での賠償額

交通事故に遭い,症状固定後に後遺症が残りそうな方,もしくは残ってしまった方は,後遺症認定を行っていくこととなります。

後遺症の賠償金は,後遺障害認定で認定された等級に基づいて支払われますが,後遺症が残らなかった場合と比較するとその額は高額となるケースがほとんどです。

また,この後遺障害認定が正しくされなかった場合,後遺症を抱えたまま,経済的にも苦しい状態でその後の生活を送らなければならなくなってしまいます。

このように,交通事故で後遺症を抱えてしまった場合には,お身体の状態に見合った,正当な等級を求めていくことが大切となります。

 

ご自身での示談で後悔しないために

交通事故における示談交渉は個人で行うことが可能です。
しかし,後遺症が残りそうな場合に,ご自身と保険会社とのやりとりだけで示談してしまうことは,大きな危険がともないます。

加害者側の保険会社は,できるだけ賠償金を減額したいと考えます。
そこで,相手の保険会社に等級認定などを任せてしまった場合,書類の不備などを指摘してもらえず,実際よりも低い等級で賠償金が決定してしまったということが多々ございます。

慰謝料についても,安い基準での提案が行われることがほとんどですから,基準を知らない被害者の方は,適正な賠償金額を知らないまま,示談を行ってしまうということが実際に起きているのです。

 

後遺症が残りそうな方や残ってしまった方は,こうした結果にならないためにも,是非お早めに弁護士にご相談ください。

弁護士にご相談いただくことによって,保険会社とのやりとりがスムーズになるだけでなく,後遺障害等級認定を行う際の必要な資料や記録などをご依頼者さまと一緒に確認することが可能となります。

また,等級だけでなく,弁護士が間に入ることで仕事の休業損害や逸失利益,弁護士基準での慰謝料算定など,多くの部分で賠償金を増額することが可能となります。

一度示談をしてしまってからでは,それを覆すことは難しくなります。

 

後遺症が残りそうな場合や残ってしまった場合,保険会社からの賠償金額や,等級認定に納得がいかないなど,交通事故における後遺症問題でお悩みでしたら,まずは弁護士へとご相談ください。

交渉のプロがご依頼者さまに代わり,後遺症の症状に合わせた,適正な賠償金請求を行っていきます。

 

お問い合わせ・無料相談

ページの上部へ戻る