慰謝料請求を行う際の証拠 | 岐阜駅徒歩7分 法律相談,離婚,交通事故,建物明渡請求なら弁護士武田法律事務所

慰謝料請求を行う際の証拠

不倫,浮気での慰謝料請求は証拠が重要です。

配偶者の浮気,不倫を理由に慰謝料請求を行う場合,法廷で重視されるのは不貞行為の動かぬ証拠です。

はじめに証拠をしっかり掴んでおくことで,離婚協議へと発展するような場合にも,交渉を有利に進めていくことができます。

もし,不貞行為を立証するための証拠が不十分だと裁判所によって判断された場合には,訴えを棄却されるだけでなく,逆に相手から名誉棄損で慰謝料を請求される可能性もあります。

慰謝料請求には,本人が認める,もしくは決定的な証拠が必要です。

正当な請求を行うために,不貞行為の存在を確認できる証拠を少しでも多く集めておくことが大切です。

 

このようなものが証拠となります

1.写真 

相手の家やホテルに出入りしている場面などが有効です。
写真だけでは性的関係を証明する証拠には不十分ですが,枚数や写真の日付,時間帯などがポイントとなり証拠と認められることがあります。

 

2.ビデオ,デジタルカメラや携帯電話の動画

有力な証拠となりますが,写真同様, 2人が一緒にいるシーンだけでは不貞行為を立証することは難しいと考えられます。
また近年では,写真や動画は簡単に編集修正が可能なこともあり,証拠としては弱い傾向にあります。
未編集であることを証明するため, SDカード本体を提出するのも良いでしょう。

 

3.メール

パソコンや携帯電話の電子メールやラインのトークは,配偶者にとって手に入れやすい証拠の一つです
不倫関係にあると確信できる部分を,プリントアウトするか写真に撮っておくと良いでしょう。

 

4.手帳,手紙,メモ

密会の約束が書かれた手帳,不貞関係を疑わせるメッセージなど,手紙やメモ書きも証拠となります。
現物を確保するか,写真に撮っておくと良いでしょう。

 

5.会話のテープ

配偶者に対して不倫を追及する際は,その会話を録音しておきましょう。
その時は不貞行為を認めても,裁判の時に相手が否認する可能性もあります。

一方,配偶者と愛人の電話を盗聴し録音するという方法は,違法な行為とみなされる可能性があります。

 

6.領収書

2人が会って食事をした,ホテルに宿泊した,贈り物を購入したと考えられる領収書なども証拠の一つとなります。
証拠としては,店名や内訳,金額,日付が明確なものが望まれます。

 

7.クレジットカードの利用明細

領収書と同様,いつ何に使用したかが明記されていますので,証拠に含まれます。
明細だけでは不十分ですが,写真やメールなどの内容と合わせて提出すれば,証拠としての価値を高めることができるでしょう。

 

8.電話の通信記録

携帯電話の履歴は自分で削除することができますので,可能であれば電話会社に依頼し通信記録を求めましょう。
電話する時間帯や回数など,知人としては不自然であることを裏付けることができます。

 

9.ETC利用記録

領収書などと合わせて,相手の行動を把握することに役立ちます。
相手が事実とは異なったアリバイを主張した場合,それを覆すことに利用できるケースもあります。

 

10.プレゼント

愛人から贈られた思われる品も,証拠として挙げられるでしょう。
時計やアクセサリーなど高額なものや,友人知人からもらう物として不自然な品があれば証拠の一つとなります。

 

11.第三者の証言

不倫しているという事実を知る人に,証言してもらうことは大変有効です。
不貞行為が推認できる場面を目撃したり,本人から浮気について聞かれたり,という知人がいるのでしたら,詳細を話してもらえるよう依頼しましょう。

 

12.興信所や探偵の情報

合法的な手段で手に入れた証拠であれば,法廷に提出することができます。
お金はかかりますが,プロに依頼することで,より有効な証拠を多く集めることができるでしょう。
興信所や探偵との間でトラブルとならないよう,金額や契約内容を事前に確認し,依頼を行うと良いでしょう。

このように,様々な事実や品が証拠となります。

小さな証拠であっても,それらを積み重ねることでゆるぎない証拠となる場合もございますので,少しでも違和感を覚えることや物があった場合には,そのままにすることなく,メモを取ったり,写真に残したりするなどし,大切に取り扱っていきましょう。

 

お問い合わせ・無料相談

ページの上部へ戻る