治療を打ち切ると言われた方へ | 岐阜駅徒歩7分 法律相談,離婚,交通事故,建物明渡請求なら弁護士武田法律事務所

治療を打ち切ると言われた方へ

保険会社から治療を打ち切ると言われたら

交通事故に遭ってしまい,通院,治療を続けている途中で,加害者側の保険会社から,治療の打ち切りを告げられることがあります。

保険会社の多くの担当者は,症状がむちうちであれば 3ヶ月,骨折であれば半年,といった独自のきまりを設けております。

そして,被害者がまだ痛みを訴えている場合でも,このケースでは打ち切りです,と宣告し,実際に治療が打ち切られてしまうという事例が頻繁に起きています。

これ以上ケガの改善が認められない症状固定の状態であれば,治療は打ち切られてしかるべきですが,症状固定の状態かどうかを決めるのは保険会社でなく,担当の医師になります。

実際に痛みが残っており,改善されている実感があるような場合には,まず医師へと症状固定の状態なのかを確認しましょう。

医師がまだ治療が必要だと認めれば,治療は継続することができますので,ご安心ください。

打ち切られるのは保険会社からの治療費の支払いですから,健康保険へと切り替えることで引き続き通院を行い,後から保険会社に対して請求を行うことが可能です。

この際,通院を行う正当な理由があったことを証明するために,医師からの診断書や治療の記録,診療明細,領収書,などは必ず保管おくことで,交渉の場で役に立ちます。

また,痛みに耐えて通院することは大変ですが,通院頻度が少なかったり,仕事が忙しくて通院日数が減ったりしているような場合には,ケガが治癒したと捉えられるケースがございますので,早期に打ち切りだと言われないために,きちんと受診することも大切となります。

 

改善がみられない場合には後遺障害等級認定を

治療を打ち切られ,医師からも症状固定の状態だと言われた時点で,まだ体に痛みが残っているような場合には,後遺障害等級認定を行いましょう。

後遺障害等級認定を行うことで,残ってしまった後遺症に応じた慰謝料や賠償金を請求することができます。

症状固定の状態によって,どのような等級が該当するのか,いくらぐらいの請求が行えるのか,などにつきましては,ご相談ください。

後遺障害等級認定では,等級によって,受け取ることのできる金額が大きく変わります。

正当な慰謝料や賠償金を受け取るためにも,必要な書類や手続きなど,交通事故対応のプロである弁護士へお任せください。

 

お問い合わせ・無料相談

ページの上部へ戻る