保険会社から賠償額を提示された方へ | 岐阜駅徒歩7分 法律相談,離婚,交通事故,建物明渡請求なら弁護士武田法律事務所

保険会社から賠償額を提示された方へ

保険会社が提示する損害賠償基準とは

自動車やバイクを保有している方のほとんどが,万が一の事故に備え,任意保険へ加入していることと思います。

しかし,実際に事故被害に遭ってしまい,いざ保険会社との交渉となった場合,その提示額の少なさに驚くことでしょう。

保険会社の提示する額が低額になることには理由があります。
それは,ほとんどの保険会社が自賠責保険の基準を採用しているからです。

自賠責保険から受けられるのは,被害の大きさにかかわらず,最低限度の補償となりますから,保険会社がこの基準で清算した場合,賠償額も当然最低額となってしまいます。

任意保険基準といった,独自に基準を定めている保険会社もあります。

独自の基準で算出しますと言われ,一見,手厚い補償を受けているような気になってしまう被害者の方もいらっしゃいますが,この基準であっても十分とは言えません。

この任意保険基準は,弁護士が請求する裁判基準(弁護士基準)と自賠責保険の基準との間であり,裁判基準による金額に及ばないことが通常です。

そうとは知らず,妥当な金額だと信じてしまったり,不満があっても諦めて泣き寝入りしてしまったりすることのないよう,正当な額を知っておくことが大切です。

 

賠償額,慰謝料は増額できます

先ほど,交通事故の賠償金問題では,裁判基準(弁護士基準)が高額であるとお話しました。

この裁判基準(弁護士基準)とは,過去に起こった様々な事故とその裁判例を基にした基準です。

つまり,似たケースの事故でより高額な損害賠償を得ている裁判例があれば,それを根拠に保険会社と交渉することが可能になるのです。

保険会社からは,この裁判基準について触れることはまずございません。
自賠責や任意保険の基準から計算された額よりも,はるかに高額となる場合がほとんどですから,被害者の側から,正当な賠償額を求めて行く必要があります。

 

正しい額での請求は弁護士へご相談ください

加害者側の保険会社から提示された,不十分な賠償額で諦めてしまう前に,まずは弁護士にご相談ください。

損害賠償額は,裁判基準(弁護士基準)で算出するよう保険会社に申し出ることで,増額できるケースがございます。

保険会社の担当者も交渉のプロですから,判例集を提示しただけでは,増額に応じてはくれません。

しかし,私ども弁護士が間に入ることで,話し合いがスムーズに行われたり,場合によっては訴訟のお手伝いをしたりと,大きな助けとなれるでしょう。

当事務所では,賠償金無料診断サービスを行っております。

被害に見合った正しい金額での賠償を受けられるよう,弁護士がお手伝いをいたしますので,賠償金問題でお悩みの際には,お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ・無料相談

ページの上部へ戻る