日常生活の疑問(不動産) 敷金は返してもらえるのでしょうか?

2016-05-23

日常生活の疑問(不動産) 敷金は返してもらえるのでしょうか?

【質問】
私は,引っ越しのため,それまで借りて住んでいたマンションの部屋を引き払うことになりました。最初に入居する時,不動産屋に賃料と敷金を払っています。煙草も吸わないし,ペットも飼っておらず,自分ではきれいに使ってきたと思います。しかし,退去時に立ち合った管理会社が「敷金は,リフォーム代に充てるので返金しません。」と言ってきました。納得いかないのですが,こういう場合にもリフォーム代の負担をしなければならないのでしょうか。また,敷金の返還は請求できるのでしょうか。

【回答】
敷金の返還は,請求出来ます。
まず,あなた(借主)が不動産屋(貸主)と結んだ賃貸借契約は,契約という取引の一種です。契約とは,ここでいう借主と貸主が対等の立場で結ぶもので,ここでは対価(賃料)を支払い,部屋を借りることで成り立っています。

それでは,敷金とは何でしょうか。敷金とは,賃料とは別の性質をもち,賃借人がマンションの部屋を借りている間,賃料を支払えなかった際に賃料に充てるなど、賃貸借契約終了後に部屋を明け渡す迄に生ずる損害金に充てる,保証金のような意味があります。そして,賃貸借契約の終了時または部屋の返還時に,賃借人の債務額(上記のような未払賃料や,修繕費用等)を控除した残額が,貸主から賃借人に返還されます。

賃貸借契約が終了して,部屋を返還する際には,借りた際の状態で賃貸人に返還しなければなりません(原状回復義務と言います)。しかし,通常の使用状況で使用して汚れた程度であれば,特別に賃借人が経済的な負担をする必要はありません。賃貸借の目的物の修繕義務は,原則的には貸主にあります。

そこで,通常の使用を続けた結果としての汚れや破損程度では,貸主は敷金の返還を拒むことはできないことになります。もちろん,リフォーム代を要求することは不当です。なお,敷金の返還は賃貸借契約が終了し部屋を明け渡した時となります。