内容証明郵便とは

2016-05-27

内容証明郵便とは

1.内容証明郵便とは何か?
内容証明郵便とは,郵便として差し出した文書の内容を郵便事業株式会社から証明してもらう特殊取扱郵便物です。
利用目的としては,(1)後日に訴訟その他の場面で,意思表示や通知をした事実,その内容,あるいは時期などを立証するために,(2)確定日付が対抗要件となっている場合に,観念の通知や催告の手段として,(3)意思表示や通知の内容が重要なものであるときに,受取人に差出人が強固な意思を持っていることを伝えるための心理的な効果を狙うためといったものが挙げられます。

2.作成方法について
用紙に制限はありません。まったく同じ文章のものを3通作成します。相手に送付する1通(内容文書),差出人保管用と郵便局保存用の2通になります。
絵や写真を本文に挿入することも,封筒の中に一緒にいれることもできません。
形式については,1行20字以内,1枚26行以内とされています。句読点や括弧も1字と数えられるので注意が必要です。
次に,差出人と受取人の住所氏名の記載が必要になります。差出人の氏名の後には,押印をします。また,2枚以上になる場合には,紙面のとじ目に契印を押します。

3.郵便局で出す際の流れ
内容証明郵便を3通用意したら,郵便局に行きます。内容証明郵便を扱うことができるのは,郵便認証司という国家資格を持っている局員になります。この局員はすべての郵便局に配されている訳ではありませんので注意が必要です。
局員に,3通の文書を渡して,文書の内容が上で述べた形式を満たしているかチェックしてもらいます。
チェックが終わると,局員から,1通を封筒に入れるように指示されます。
局員から訂正を指示される場合もあります。このため,その場で押印できるように,印鑑を持参しておくと良いでしょう。

4.配達証明について
内容証明郵便を出す際に,配達証明を付けてもらいましょう。配達証明を付すことにより,郵便局が,内容証明が配達された日を後日通知してくれます。